喪中はがきは必ず出す

喪中はがきは、一年以内に身内や親族に不幸があった時に、年賀の挨拶状を、出さないようにする為の挨拶状として、使われます。身内や親族に不幸があった場合には、一年間は喪に服す事が常識で、おめでたい事や、祝い事は、してはいけないとされています。年賀状も新年のお祝いとして出されるもので、受け取るには行かないのです。その為に前もって、喪中ハガキを出し、年賀状を出さないようにしてもらうための、挨拶状になるのです。年賀状は、毎年、決まった日時までに出さないと元旦に届かない為、早めに製作する物ですから、製作する前までに相手方に送り、知らせなければならないのです。そのため、遅くても12月までには、届くように出さないといけないのです。年賀状を書いてしまってからいらないと、言われても相手が迷惑してしまう為、出来だけ早く知らせる必要があるのです。また早すぎても、忘れてしまう事があり、年賀状が届いてしまう事もありますので、届く日にちにも気をつけなくてはならないのです。