葬儀に自分の苦手な人が列席していた場合

友人が亡くなったので葬儀に列席してる時に、自分の苦手な人が列席している姿を目にすると嫌な気持ちになります。その人の姿を目にしたなら、できるだけ会わないよう、話しかけられないように目線を外したり目立たないところに隠れたりしてその人を避けてしまいます。人は誰しも、苦手と思っている人の一人や二人はいます。それで、避けること自体は間違っていません。しかし、苦手と思っている人もしくは自分を深く傷つけた人の姿を見て、その場で仕返しをしたり辛らつな言葉をかけないようにすべきです。また、周りの人の目にも明らかなほどその人を避けるような行動も控えましょう。葬儀は亡くなった故人を偲びさらに残された遺族を慰めるとても大切な場です。自分とその人の間で起きた不和やや自分の感情のために周りの人を巻き込まないようにすべきです。もし、その人に言いたいことがあるのであれば、葬儀とは別の日や場所などで話し合うようにしましょう。