お葬式の前に確認したい事

一般的にお葬式と言うと、通夜、葬儀、告別式の3つをさしています。
通夜とは、葬儀の前の夜に、一晩中故人の魂と静かに寄り添い、別れを惜しむ儀式のことで、遺族や近親者だけでおこなうものです。しかし最近では、告別式に出席できない人のお別れの場としての役割も広まりつつあります。
そして、葬儀と告別式は別の儀式です。葬儀は、故人を弔い、あの世へおくるための宗教的な儀式です。告別式は、生前の故人と親交があった人たちで、最後のお別れをする儀式です。最近では、葬儀ならびに告別式と、一緒におこなう場合も増えました。

仏式の葬儀であれば、まずは僧侶による読経の後に、故人の成仏を祈る葬儀をおこないます。続いて、最後のお別れをする告別式として、参列者の焼香や献花をおこなうことになります。また、葬儀を遺族や近親者だけでおこない、故人とのお別れの会を別の場所で行うこともあります。

通夜や葬儀の前に、準備しなければいけないことが、たくさんあります。ちゃんとしてマナーを確認して、失礼のないよう参列したいものです。