斎場とは何か?

葬式を行う場合には一般的に火葬場やセレモニーと呼ばれている場所を使用するのですが、それ以外にも葬式の会場として利用されることが多いのが斎場です。
斎場とは簡単に言ってしまえば葬式を行う専門的な施設であり、基本的には火葬場を併設しているところが多いと言われています。本来の斎場の意味としては「仏を祭るために特別に設けられた清浄な場所。祭りを行う場所」とされているのですが、日本では昔から自宅から斎場に持ち出して火葬していた事から葬儀を行う場所として使用されています。ただし火葬場が併設されていないものもあるので、その場合は葬儀とは別に火葬場を用意して火葬時にはそちらに移動すると言う方法が取られています。
ただ一言で斎場と言っても最近では民間で運営されているものや市町村で運営されているものなどいくつかの種類があり、それによって費用やサービスの内容などが異なっている傾向があります。そのため火葬場の有無も含めて、会場をどのように選ぶのかと言うところを検討することが大切になっています。