社葬とはどういうものか

社葬とは、創業者や会社の発展に大きな功績があった方などが亡くなられた際に、その費用負担も含め、企業が主体となって執り行なう葬儀のことです。一般の葬儀が故人を弔うものであるのに対し、故人が企業に遺した業績を称えるとともに、故人の遺志がどのように企業で継承されるかを伝えるものです。また、企業の展望などを含め、企業そのものを世間にアピールするための役割がありますので、社会的な意味合いが強いのが特徴です。会場には一般と葬儀と同じように寺や葬儀場で行われる他、ホテルなどで行われる場合もあります。社葬は、取引先や顧客などを含め参列者が大変多く、大規模な葬儀になりがちです。社外への告知活動から税務上の手続きなどの事前準備や、参列者への応対を含めての当日の葬儀の進行と、葬儀後の様々な業務を全てスムーズに行うためには、専門的な知識が必要になってきます。そのため、社葬については前もって社葬取扱規定を定めていたり、就業規則に記載したりしている企業も多いです。