葬式の当日に渡されることもある香典返し

香典返しは、いただいた香典に対してのお返しになるのですが、一般的には半返しで用意することになります。もしも1万円を包んでもらったという場合には5000円程度の品を選ぶことになり、いただいた金額によってそれぞれお返ししなければなりません。
本来であれば香典返しは四十九日が過ぎてから用意するものなのですが、今日では葬式の日に渡されるケースも増えてきました。この場合には、いくらの香典をいただいたとしても、全ての人に同じ香典返しを渡すことになります。2000円~3000円程度の品が選ばれることが多いのですが、それでは高額な香典をいただいた人にはもらい過ぎていることになります。高額な香典をいただいた場合には、四十九日あとにあらためて香典返しを渡すこともあります。差額分の商品を選ぶことになるので、1万円を包んでもらって当日に2500円の当日返しをしていたら、残りの2500円分のものを探すことになります。

家族が亡くなると葬儀式場の手配を行わないとならないですが、急なことで戸惑ってしまい病院に紹介された場所にて行うか、故人が生前入会していた葬儀会社にて行うことが多くなります。
様々なことを急いで決めなくてはなりませんが、その際まず考えなくてはならないのが葬儀に参列してくださる人の人数を把握することです。
人数によって葬儀式場の規模も変わってくる他、会場費なども異なってきますし、小規模の式場が近年では人気があるため希望する日にできないこともあります。会葬御礼品の数も異なってくるなど様々な面で混乱してしまうことがあるため、人数はどうするのか、家族のみで葬儀を行うのかなどをまず親族と相談すると良いでしょう。

<PR>JALカード / 心の童話 / 童話 / マッサージのリアル口コミ.com / 女性向けエステ.com / 英語上達の秘訣 / 英語上達の秘訣 / 生命保険の口コミ.COM / 健康マニアによる無病ライフ / アフィリエイト相互リンク / 家計見直しクラブ / 貯蓄 / 工務店向け集客ノウハウ / 住宅リフォーム総合情報 / オーディオ